ネット 無料 恋愛小説 あおいゼリー

魅惑の擬似バカンスをご堪能下さい

隣のMy Man

投稿日:29/09/2020 更新日:

何が俺から擦り抜けていったんだろう?

永遠の愛?

それとも

ひと時の情熱?

 

隣のMy Man (ミリヒ)

 

マンションの庭先で真夜中、タバコに火を付けた時だった。

「ねぇ、タバコきらしちゃったのよ、一本貰えない?」

隣室との境界、隙間だらけの垣根の向こうの暗がりから突然女の声が響いた。

「びっくりした」

お互いにリビングの明かりを落としてあるので、人が居ることに気付かないくらいの暗闇。

しかも俺より先に隣人は庭にいたに違いない。サッシを開く物音すら聞こえはしなかった。

中目黒にある2LDKの小さな庭付のマンションに越してきて2カ月。隣人を目にするのは初めてだった。

気配は感じることはあった。平日の昼間からビリーホリディなんて聞きながら掃除機をかけている音を耳にした事もある。

難しいジャズのスィングを流暢にボーカルとデュエットするように響いていたあの歌声。

その声の主なのだろう、この女が。

「メンソールだけどいい?」

「あら、もちろん」

垣根の一番大きな穴にタバコの箱を握りしめたまま手を突っ込んだ

すっと箱が取り上げられて、数秒後にまた手のひらに乗せられる。

「火も貸してくれる?」

ライターを持ち直して、さっきと同じ穴に手を突っ込む。そしてそのままカチリと火を付けた。

ひんやりとした指が俺の手に添えられて、ぼんやりとしたライターの灯火に、タバコを咥えた女の横顔が照らし出される。

派手なパーマ。長い睫毛。揺れるライターの炎が女の頬を染めていた。

ジジッとタバコの先っぽに火をうつすと、顔を上げながら女はすくうような視線で一瞬こちらを見た。

「指、焦げちゃうよ?」

いつまでもぼんやりと火を付けっぱなしの俺に、女はそう言った。

「え?熱っ」

馬鹿みたいだ。何やってんだ俺。

慌てて垣根から手を引っ込める。

まるでこの女を照らすために火を付けてたみたいじゃないか。

「ありがとね」

さっきの呆れたみたいな声色と違う、やけに素直なその台詞にちょっとだけ救われた気分になる。

「奥さんは寝ちゃったの?」

「いや、会社の飲み会で遅くなるって…」

こんな夜中、問われるままにこんな会話をしている自分に不思議な気分がわいてくる。

そうだ、雛子は随分と遅すぎる。終電は終わっている時間だ。

タクシーで帰るならその前に電話の一本もしてこないなんて、アイツらしくもない。

「ウチのも似たようなもんよ」

ウチのも‥結婚してるんだ?

驚く事でもないけれど、何故だかこの女にはそんな日常は不釣り合いな気がした。

自由奔放

そんな印象を最初に感じたからだろうか。

「最近越してきたでしょう?新婚さん?」

「いや、もう結婚して2年」

「あら、じゃあ少し隙のできる時期ね」

見透かしたような台詞。その言葉に、この女の夫婦生活はそれ以上の年月が経っていることを感じさせる

だけど、さっきチラッと見た感じでは30いっているかな?っていう年に見えた。

「おやすみ」

唐突に女は会話を打ち切ると、カラカラと戸を開けて部屋の中に入って行った。

変な女。

けれど不思議とこんな偶然を楽しんでいる自分が居た。

“隙のできる時期ね”

さっきの台詞が頭をかすめて、俺は苦笑いをしていた。

翌朝、いつものパンの代わりに手のこんだ朝食が並ぶ。

丁寧にだしをとった味噌汁が香りのよい湯気を揺らしていた。

夕べ連絡もなしに午前様になってしまったのが後ろめたいのか、

たいして眠っていないのに雛子はこんな朝食を並べて俺のご機嫌を伺っている。

「啓介、もう寝てると思って。起こしちゃ悪いかなって電話しなかったの…ごめんなさい」

子供もまだいないんだし、仕事をしていれば付き合いもあるだろう。

「遅くなるのは仕方ないけどさ、連絡がないと心配だろ?物騒だしさ。メールだけでも今度入れてよ」

刺のない俺の声色に安心したのか雛子は

「うん、わかった。新しい部署、若い女の子ばっかりで、たまには飲みにも付き合わないと…色々とね」

ちゃっかりと、そんな同意を求めるような口調で俺をチラリと見つめてくる。

ま、たまにはこの部屋で一人のんびりもいいさ。

そう口にはしなかったが、雛子の言葉を否定もせず、俺はのんびりと食事を続けた。

 

雛子とは職場結婚だ。IT関係の会社で部署は違ったが、秘書をしている彼女と出会い2年前に結婚した。俺は最近フリーのプログラマーとして独立し、会社を辞めたから一緒に出社する事もなくなったけれど。

まだまだお互い30歳だ。確かに新婚生活っていう時期も通り過ぎた。

だげど二人で暮らしていくリズムがそれなりに整い、平穏な日常だった。

そう、少なくとも俺はそう思っていたのだ。

隣の女と関わるまでは…

庭先でのあの会話を機会に、隣を意識するようになっていた。

家で仕事をする機会が多い俺は、その気配に耳を傾ける。

窓を全て閉じていれば隣の音など聞こえはしないが、開けていれば裏庭に面しているリビングの音は筒抜けだった。

こんな平日家に居るってことは、彼女は専業主婦なんだろうか?。

今日もジャズが聞こえてくる。この選曲って掃除機をかけながら聞くにはいかがなものか。

トランペットとウッドベースのセッション。

俺は西麻布のバーにでも居る気分になる。

用もないに庭先に出て、雛子が朝、水をまいたであろう植木に必要もないのに水をやる。

この昼間の日差しの中で、隣の女を見てみたかった。

あれから数日経った今となっては、

彼女の姿はライターの明かりに揺れる蜃気楼のように、ぼんやりと俺の記憶の中でゆらめいていたから。

隣の芝生は青く見えるか…

待ち伏せみたいな事をしている自分が馬鹿らしくなり、俺は部屋に戻って行った。

 

夕方、雛子からメールが入る。今日は残業してそのまま同じ部署の子と食事に行くからと。

…なんだよっもっと早く言ってくれよ。

何だか今日は仕事のノリがイマイチだったので、気分転換に夕飯なんて用意していた。

男の料理の定番っていったら、やっぱカレーでしょ。

玉葱をじっくり炒めて、時間かけて作ったのに、冷凍したらじゃがいもがぱさぱさして味が落ちるじゃんか。

機嫌が悪くなっていく自分に気付く。

この嫌な気分を落ち着けようとタバコを掴むと庭先に出た。

ぴしゃっ

音を立ててサッシを開く。

誰もいないけど、自分の気分をそんな音でアピールしてみた。

けれどそんな感情を誰かが受け止めてくれるわけでもく、この子供っぽい行動のむなしさを引き立てるだけ。

何イライラしてんだ俺。

はぁ~と溜め息をついた時、ズボッって音がして垣根から伸びてきた手に腕を捕まれた。

「うわっ」

クスクスと笑いを噛み殺した声。

「あら、ごめんね、びっくりした?」

誰だって驚くだろ?

ホラー映画じゃあるまいし。

隣の女だった。

一度手を引っ込めると、再び垣根の穴からそ何かを手のひらに乗せて差し出してきた。

新品のタバコだった。

しかも俺が吸ってるラークのメンソール。

「あげる」

「えっ?だっていいよ、たった1本あげただけだし」

「いいから持ってて、それでまたあたしが頂戴って言ったら一本くれるかな?」

やっぱり変な女。意味がつかめない。

「タバコの本数減らしたいんだけど、自分で持っていると吸いすぎちゃうのよ」

そういう事か。意味はわかった。だけど俺達友達って訳でもねぇぞ。

普通、ただの隣人にそんな事頼むか?いや、顔だってこの穴からチラッと覗いただけだ。

俺を見つめる視線を感じて、はっと顔を上げると、垣根の穴から女が覗き込んでいた。

小っちぇ顔…

ちょうど輪郭だけそこにはまっている感じ。

女は口元て両手を合わせる仕草をした。

「よろしくね、お隣のよしみで協力してよ」

この前と違ってお互いリビングの明かりが庭にもれているのではっきりその姿が見えた。

独特の顔だち。くっきりした黒い眉、大きな目、ぽってりした唇。

何て言うか、美人だった。その事については文句などない。

ただ、雛子みたいな可愛い雰囲気の女のほうが一般受けするタイプだろう

そこで俺を覗き込んでいる彼女は、射るような眼差しに力を持った、そんな女だった。

凛とした、見透かしたような深い黒い瞳。

「いいよ」

ご近所付き合いも大切だ。いつ大災害があって助けが必要ともわからない。

「あら、いい匂い。今日はカレーかしら?」

「…あぁ」

忘れてた。

「ウチは今日独りだからピザでもとろうかな」

「そうなんだ、よかったらカレーおすそ分けしようか?」

「悪いわ、奥さんの愛情たっぷりの夕ご飯」

「いや、俺が作ったんだ。彼女、残業で外で食べてくるらしいし」

「そうなの?‥今日は遅くなるのね」

ちょっと待っててと、女は部屋に入って行った。

そしてすぐに戻ってくると底の深い小ぶりのスープ皿をいつもの穴から差し出してくる。

「いただきますっ」

「カレーまでこの穴から?」

玄関ってもんがあるだろうに。

「なんかこの穴、秘密っぽくて気に入ってるのよ」

やっぱ変な女。

だけど、面白い。

その夜は仕事がはかどった。

2時ごろそっと帰宅した雛子がバツが悪そうに書斎を覗いていた。

それから何回か、垣根の秘密の穴で俺達はタバコをやりとりした。

庭に出ても、隣の女と会う確立は一週間に二回くらいだった。大抵は夜中。

何だか俺、タバコの本数が増えた気がする。何を期待してかちょくちょく庭に足を運んでいたから。

この女と会える夜には、何か共通点がある気がした。…なんだろ?

 

「11月にもなると庭も冷えるわね」

俺の指の中からタバコを摘み上げながら、女はそんな事を言った。

初めてここでタバコをねだられた夜は、確かまだ9月だったな。

女の名字は知っていた。隣の玄関のポーチに表札がかけられていたから。

だけど名前なんて知らない。もう何回もここでこうやって会っているのに。

ピピッと女の方から短い電子音。

夜中の12時過ぎ。こんな時間メールか?

俺が彼女を知っているのは、ここで過ごすほんの少しの時間だけだ。

タバコを渡す時、俺の手から火をそれに付ける時、触れる指の感触とジャズが好きだという事だけが、俺の知っているこの女の全て。

当たり前に俺の知らない彼女の生活があるだろう。

俺は彼女に何を求めているんだろう。

フリーになって仕事は順調だった。打ち合わせでたまに外に出ることもあったけれど、メールや電話で済ませることも多かった。

雛子は新しい部署に移ってから、やたら帰りが遅い。週に1、2度は残業だ飲み会だと言っては夜中に帰ってくる。

今日だって…

もしかして俺、寂しかったりするのかな?

たまにこの庭て隣の女と会うのを楽しみにしている自分がいた。

別にそれ以上何を期待しているわけでもない。だって何を求められるというのだ?

ただ、そのささやかな時間くらい邪魔なんてされたくなかったのに。

俺は二人の間に割り込んできた、携帯の着信音に嫉妬すらしていたのだ。

携帯なんて鳴らない所でのんびりしたいな…

そんな事思っている自分に呆れた。

俺、重症だな。

パチンと携帯を閉じる音。今日はそろそろお開きかな?

だけど彼女はおやすみの代わりに意外な言葉を口にしたのだ。

「ね、今日は月が綺麗ね。裏の公園にでも散歩にでも行かない?」

マンションのエントランスとは反対の方角に小さな公園があった。

滑り台と砂場とベンチが幾つかあるだけ。

そこにこの女と並んで座っている自分が信じられない。

だけど月は本当に綺麗だった。遠くに見える渋谷のネオンが星の輝きを遮っていたけれど。

これは現実か?

「ねぇ、こうやって垣根がなくて顔合わせるの初めてね」

女があの瞳で俺を覗き込む。

闇に溶け込むような深い深い黒い瞳。

「変な女だと思っているでしょう?」

「いや、俺、結構楽しんでいる。垣根の穴、手突っ込みすぎて大きくなった気もするし」

愉快そうに口の端を上げて女が笑う。

顔にかかった細かく縮れた長い髪を、ゆっくりと掻き上げる。

そして俺の耳元に唇を寄せて、声を落として小さく囁いた。

「こういう内緒事ってドキドキするわね」

息がかかるような女との距離。ドキドキしているの俺なんですけれど‥

「あの人たちもそうなのかな?」

え?なに?誰の事?

女は俺に視線を絡めると、それを引きずるように公園の入り口にそれを導いた。

タクシーが走り出すのが見える。そして今降りたのであろうカップルが暗闇の中でひとつの影になって抱き合っていた。

キスでもしている感じだ。

「夜の公園で抱き合うなんてロマンティックよね。どのくらいドキドキするのかあたし聞いてくるね」

は?聞いてくるって‥何言ってるの?

変な女だとは思ったが、頭がおかしいとは思わなかった。

つかつかと女はカップルのほうに向かって歩き出す。

半分くらいまで距離を縮めたところで唖然としていた俺は我に返り、ベンチから飛び上がって女を追いかけた。

ドキドキしていた鼓動が、違った意味でもっとドキドキしていた。

酔っ払ってるのか?コイツもしかして。

人様を巻き込む前に止めなくちゃ。

だけどスタートが遅かったせいか、女に追いついた時に、俺は既にカップルの目の前にいた。

女の腕を掴もうとしたとき、カップルの彼女が慌てた様子で彼氏の陰に隠れるのが見えた。

怯えているようなその彼女の仕草を申し訳なく思い、俺は侘びでも入れようと視線をそちらに移したら‥

「嘘だろ?」

それは雛子だった。

男のシャツの裾を握り締めている雛子の拳が小さく震えていた。

目を見開いて、言葉も出ないといった様子で俺を凝視している。

そして相手の男はというと‥隣の女を見ていた。雛子と同じように目を見開いて。

4人もの人間が顔を突き合わせているというのに、続く沈黙が状況の異常さを引き立てていた。

それを引き裂くかのように隣の女がくすくすと笑い出した。

「逢引は楽しかった?あたしもそろそろ仲間に入れてくれないかしら」

 

 

六本木の路地裏。

薄暗い階段を登っていく。タバコの煙なのか、視界がうっすらと白んでいるように見える。

重い扉を開くと、ぼんやりと明かりのともった店中は意外にも人で溢れていた。

入り口のすぐ近くにあるカウンターは立っている客でごった返している。黒人が多い。

外人の年はよくわからないがそこに混じっている日本人を見ると、決して若いとは言えない年齢層だ。

50代40代…たまに若者が混じっているが妙にそれが浮いてすら見える。

服装も様々だ。きちっとスーツを来たサラリーマン風の者もいれば業界人風の小洒落た奴も…

あとはあんまり金のなさそうな、いい年をしたアウトローな男達。

場違いな所に紛れ込んでしまった気分だった。

店を見回すと奥まった場所に小さなステージがあった。ミュージシャンらしき奴等がのろのろとセッティングをしている。

ドラマーだけが黒人で、スーツを粋に着こなし、咥えタバコでなにやら他のメンバーに話しかけている。

ステージの上でそいつ以外は皆日本人だった。

店の客層をシャッフルして並べたみたいにちぐはぐなメンバー構成

ティナーサックスやウッドベースが見て取れて、俺はやっと自分がどういう場所にいるのか理解した。

ジャズバーだ。

今朝、垣根の穴にメモがはさまったタバコのケースが引っ掻けてあった。

メモはこの店の地図が簡単に手書きで書いてあって、夜9時にカウンターで黒木で予約していると言うように書いてあった。

夕べあれから雛子とは言葉も交わしていない。彼女は黙りこくったままだし、俺は何故か怒りすらわいてこなかった。

だけどさすがに同じベットに眠る気分にはなれず、書斎のソファーで過ごしたのだ。

そして昼頃リビングの扉を開けると、雛子は会社に行ったのだろう、その部屋の空気は冷え切っていた。

だけど‥予約してある黒木って誰?

隣の表札は木村だ。よくわからなかったが、あのメモはあの女以外からの訳もない。

何だか、お互い同じような状況の者として、これからについて話の一つでもしなければいけない気がして、店の扉に手をかけたのだった。

カウンターのバーテンに「黒木さんの名前で予約しているのだけど」と声をかけると、

ステージの前の席を空けてあるから、そこに座るようにと言われる。

立ち見の客を掻き分けるよう進むと、ステージの左端のテーブルがポッカリと空いていた。

リザーブの札が置いてある。

新参者の俺がこんな席に座っていいのかちょっと躊躇したが、他に居場所も無く席に付いた。

 

あの、女はどこなんだ?暗い店の中に視線を泳がす。客のほとんどが男だったが、ちらほらと女もいた。

店のママかと思わせる妙に場離れした迫力のある女。

誰かに連れられてきてしまっただけという感じの落ち着きの無いOL風の女。

他には黒人女かと見間違うくらいそれになりきった日本人。

だけど、あの女はいなかった。

どういうつもりだ?とっくに約束の時間を20分は過ぎている。

“逢引は楽しかった?そろそろあたしも仲間に入れてくれないかしら”

あれが浮気の現場をさえた妻の言う台詞だろうか?笑い声さえ添えて。

浮気をやらかした雛子のほうが涙を浮かべていた。

‥逆じゃねえの?

雛子の浮気相手‥あの女のダンナなんだろうけれど、何てことはない普通の男だった。

年も俺と同じくらいといった感じ。

俺より背は高かったけれど‥

俺よりちょっとだけ彫りが深かったかもしれないけれど‥

ま、ちょっとはいい男だったかな?あういうのが女受けするのか?

俺だって女にモテないわけじゃねえぞ。

ただ、結婚してからは他の女なんてご無沙汰だっていうだけで、独身の頃は女に困った事なんてなかったと思う。

‥何、張り合ってんの俺‥。

だけど女ってあんな時は泣くもんだと思っていた。

愛してないのだろうか?あの男の事を‥

じゃあ、俺は?雛子に罵倒の言葉一つ投げないこの俺は?

愛してないのだろうか?雛子の事を‥

ぼんやりとそんな考え事をしていると、いきなりライブが始まり店の空気が熱くなった。

カウンターのほうから拍手が沸いてくる。

鮮やかなブルーのシンプルなロングドレスを着た女が、深くスリットの入った足で一段高いステージに上がった。

ステージの上部のライトが眩しいくらいにボーカルの女を照らし出す。

慣れた手つきでマイクを握ると、聞き覚えのある曲を歌いだした。

あれ?この声‥

濃い化粧と体に張り付くセクシーなドレス。

同一人物とは思えない。だけど、間違えるはずもない、あの隣の女だった。

掃除機の音にまぎれて聞こえてきたあの曲。

ビリーホリディの『MY MEN』

ジャズは嫌いじゃない。今はマクドナルドでだって流れている。

趣味じゃない音を耳にするなら、ジャズでも流れていた方がいいと思っている。

だけどこういう場所に足を運んでまで好きという程ではなかった。

昔通っていた西麻布のバーのマスターがジャズ好きで、真空管のアンプなんてアングラな代物を持っていた。

そして嬉しそうにウンチクを並べてはレコードに針を落としていた

だから、知らぬ間に耳に慣れていたのだ。

その頃付き合っていた彼女と別れてヤケ酒を飲みに店を訪ねたら、マスターが棚の奥に埋もれていたお古のビリーホリディのCDをくれた。

『女心でも勉強しろ』と

Two or three girls

Has he

That he likes as well as me

But I love him

(彼ニハ2.3人、恋人ガイテ、アタシト同ジヨウニ好キナノダト言ウ。ダケド彼ヲ愛シテル)

切なく響くハスキーな声で、今、こんな歌詞をあの女が歌う。

何だかいたたまれない気がした。

彼女はいつから気付いていたんだろう。きっと俺に最初に声をかけた時から分かっていたのかもしれない。

だって、そうだ。いつも庭で会うときの共通点‥雛子が居ない夜だった。

だから、彼女は俺を待っていたんだ。

雛子が居ないか確かめる為に。

それを勝手に‥偶然だなんて思って胸を躍らせていた自分の愚かさが哀しかった。

秘密なんて響きにちょっとドキドキしていたんだ。

“そろそろ隙のできる時期ね”

あの言葉が再び頭をかすめる。

どうして雛子を責められる?俺だって惹かれていたじゃないかこの女に‥

最初の曲が終わると、どっと喝采が店を包む。

時間が止まったような場末のジャスバーが、彼女の歌声で息が吹き込まれたよう華やかな場所に変わっていた。

俺は唖然とただ彼女を見ていた。

夕べの出来事も、目を合わせない雛子の事も、何もかもがこの拍手の渦に流されてしまったかのように‥

「皆様ようこそ、黒木蘭です。外を彩るイルミネーションのように、今宵のライブが貴方の心に輝きを添えて記憶される事を祈って‥」

パチパチと余韻のように響く拍手の中で隣の女…蘭は再び歌い出した。

時には捨てられた女のように、あるいは妖艶な商売女みたいに。

まるで女優が様々な女の顔を演じてみせるかのように彼女は歌った

バンドの男たちもそんな彼女とのセッションに生き生きと楽器を鳴らしている。

だけど陶酔したようにカッコつけてドラムを叩くあの粋な黒人でさえ、蘭のブルーのドレスを引き立たせる黒い垂れ幕くらいに感じられた

店の全ての眼差しが彼女に捕らわれているようだ。そのくらいステージの蘭は艶やかだった。

俺をこんな場所に誘い出したくせに、彼女はチラリともこちらを見はしなかった。

俺の為に席を空けていてくれたはずなのに…

化粧の落としたあどけない彼女を知っている奴はこの中に何人いるのだろう。

彼女の指先の温度を知る男はこの中にいるのだろうか?

ステージの蘭が遠くに感じる程に、俺は知っている彼女の日常の断片を、拾い集めようと躍起になった。

あの穴から覗き見した時のように、その深い闇色の瞳で俺を見つめて欲しかった。

この暗がりの中、彼女の視線で俺を照らし出して欲しかった。

滑り出したイントロが、がらっと雰囲気を変えた。

ラストソングだと蘭が歌い出した曲…

そのリズムはあまりにも有名で、ジャズにアレンジされたこの曲を西麻布のあの店で何度か耳にした事があった。

なんでこんな曲がジャズになるんだろう?漠然と感じながらその時はあまり深く考えもせず、たださらりと聞き流して聞いていた。

夢見る年頃の無垢な少女がうっとりと囁くような歌。

深いスリットから危なげに足を覗かせながら、彼女はピアノの音に合わせて囁く。

Some Day My Prince Will Come

(イツカ王子様ガ)

ディズニーアニメの名作・白雪姫のメインテーマ曲。

白い馬に乗って王子様が迎えに来るのと、蘭は歌いはじめる。

意外だった。男の全てを知り尽くしたようなはすっぱな女だからこそ、その台詞は真実味があるように聞こえたから。

そう信じなければ生きていけないのよ‥。

そんな溜息が秘められているように。

そしてゆっくりとマイクを置いて歩き出すと、ステージを降りて俺の肩にその腕を絡めてきた。

「ね、タバコ1本頂戴?」

火をねだり顔を寄せてきた彼女に話しかける。

「黒木って君の事だったんだ」

「あ?うんあたしの旧姓」

「えっ、旧姓っ?」

旧姓って旧姓ってまさか、昨日の今日で離婚したって訳じゃないよな?

そんな思惑が顔に表れたのか、蘭はそんな俺をみて吹き出した。

「やだ、あたしそんなに鉄砲玉みたいな女に見える?浮気の現場を抑えたからって翌日離婚届なんて出さないわよ」

彼女は暗がりの中、青く揺らめくタバコの煙を、赤い唇から可笑しそうに吹き出した。

「木村じゃさ、あんまり芸名としては華がないから馴染んだ旧姓を使ってるって訳。蘭はそのまんま本当の名前」

いつの間にか忍び寄った影が、蘭の綿帽子みたいな髪に顔を埋めた。

ドラマーの黒人だった。

皮膚の色より濃いまつげを伏せて、彼女の髪に口付けてくる。

「今日のステージ最高。ラン…」

流暢な日本語だった。だけど女への仕草は外人。

愛の告白かと思うような眼差しで、うっとりと彼女を見詰めている。

‥俺、もしかして眼中にないってか?

「ジョー、今日のあたしはReserved(ヨヤクズミ)よ」

蘭の口調は穏やかだったが、冷たく突き放した刺を含んでいた。

ジョーはちょと傷付いたように肩をすくめてみせた。

「最近ラン、この店で歌うのあんまりないけど‥来週も俺この店で叩くんだ」

if‥とその男が言いかけたとき、また蘭の刺が飛んだ。

「駄目よジョー、来週はあたし旅行に行くの」

大げさにうな垂れてジョーは席を離れていった。

さっきまで、背筋を伸ばして自信たっぷりだったこの黒人の、しょげる様子が哀れに見えた。

「クリスマスイブなら、ここのライブに顔を出すわよ」

蘭の影のようなジョーの後姿に、子供をあやすような口調で彼女は言葉を投げる。

振り向いたジョーは、サンタが来るよと言われた子供のようにわくわくした顔をした。

それからも絶え間なく、蘭の元にはファンらしき男達が訪ねてきた。

ある者は薔薇の花を手に、ある者は賞賛の言葉を伝えに‥

高価そうな薔薇の花束を手にしても、彼女は礼の言葉さえ言わない。

真珠色の薔薇のつぼみに満足そうに少し鼻先を近づけるだけ。

彼女のお気に召したらしい。

ファンの男は胸を撫で下ろして嬉しそうにテーブルを去っていった

目の前で繰り広げられる光景は、飴と鞭の使い分けの講義を受けているかのようだ。

男を手玉に取る女。

そういう種類の女を知らない訳じゃない。

だけど俺の記憶にある男を翻弄する女達は皆、媚を武器にしていた。

色んな男を伏せ目がちに見つめて、貴方だけの物なのよと、思わせぶりな台詞をあちこちで囁くのだ。

自分の価値を確かめるため、伸ばされる腕の数を数えるような、そんな女達。

だけど目の前のこの女は、真っすぐ刺すような視線で男を射抜くのだ。

男の自尊心をくすぐったりせず、ひざまずくかどうかは勝手にどうぞと言わんばかりに。

「ここじゃ落ち着かないから場所を移しましょうよ」

俺の返事も聞かずに蘭は席を立った。

事態の変化に追いつかず、モタモタしている俺の腕を掴んで。

何もかもが彼女のペースだった。

繋がれた飼い犬のような気分で、彼女と狭い階段を降りて行った。

歩いて2、3分のところにある公園のベンチに座った。

昨日の月を探そうと見上げてみたけれど、覆う雲に六本木のネオンの色が反射して、夜空かどうかすら怪しく思える空の色だった

繁華街から程近いにもかかわらず、11月の夜の寒さのせいか公園には誰もいない。

途中で買った缶コーヒーが手のひらを暖めていた。

「‥来週、旅行に行くの?」

何を話していいのか分からず、さっきジョーにそう彼女が言っていた話を思い出し、そんな事を問い掛けていた。

「ああ‥そうね」

まるで気乗りがしないといった感じで蘭は答える。

ただ、ジョーを煙に巻く思い付きだったのだろうか?

蘭は立ち上がると、ベンチの向かいにあるブランコに座った。

そしてゆっくりと漕ぎ出した。

漂う沈黙に俺は聞いてはまずかったのだと思った。

そもそも、俺達なんでこの公園に居るんだ?

まるで昨夜の続きのようじゃないか‥

フラッシュバックのように昨夜の出来事が頭を横切る。

家に帰るのが憂鬱だと思った。

「男って鈍感よね、ウチに着くく10分前に今日はメールしてねって言えば、その通りにするんだから‥だけどあなたといっしょの時にメールが届くとは思わなかったわ」

いきなり蘭が口火を切った。

昨日のメール‥そういう事だったんだ。タイミングが良すぎるってもんだよな。

「あなた、奥さんが浮気しているなんて夢にも思わなかったでしょ?」

彼女の言う『鈍感』の枠に自分も入れられているという事にちょっと傷ついたが、反論の余地もなかったので俺はただ頷いてそれに応えた。

「ね、家の空気、辛気臭くない?」

「‥ああ‥うん」

なんて答えていいやら、言葉に詰まる。

「ね?逃避しない?あの二人もあたし達が居ない方がゆっくり考えられるだろうし」

「逃避?」

「来週木曜から1週間、静かな南の島でも行きましょうよ」

蘭の言葉には現実味がなかった。まるで夢みたいな話だったから。

いや、もちろん夢なんだろう。ここが寒いから南の島なんて言ってみているだけなんだ。

それにいくら俺たちが同じ立場だからって、二人で旅行へ行くっておかしくないか?

キィと音を立てて、蘭はブランコから降りた。

そして、立ち上がると腕組みをして目の前まで距離を詰めてきた。

「行くの?行かないの?はっきりしなさいよ」

真っ直ぐ俺を見据えるその視線。

背筋がぞくりとした。

ああ、そうだ。この女は夢なんて口にしない。そう悟った。

いま、俺を映しているその深い黒い瞳に、もっと俺を深く刻んでほしかった。

「‥いいよ」

もう、どうにでもなれだ。

どうせもう泥沼なんだ。ぐちゃぐちゃにかき回してなるようになればいい。

「だけどどこに行く?場所は決まってるのかな?」

この期に及んでの俺の問いかけに蘭はにやりと笑った。

「大丈夫、場所はおさえてあるの。連れて行く男がすり替るだけ」

南の島。

沖縄もハワイもグァムすら行ったことがなかった。

海外旅行はイタリアとフランスとトルコ。

遺跡や博物館を巡り歩いたり、その土地のグルメを楽しむのが俺の海外旅行のスタイルだった。

新婚旅行も雛子とフランスの古城なんて訪ね歩いた。

南の島‥今までの自分にとっては縁遠い場所だ。

なんとなくテレビや映画で見るハワイの海岸線なんかを思い描いていた。

 

一週間程、旅行に行くからその間、お互いゆっくり考えようと雛子に言うと、彼女は少し安堵した顔を見せて頷いた。

お互いのだんまりも限界だったのだ。

だけど今更話し合うきっかけも掴み損ねたままだったから、この距離を置く1週間は案外いいアイディアだったようだ。

どこに行くのかなんて、雛子は尋ねなかった。俺もただ木曜に出発して1週間後の木曜に帰るとしか伝えなかった

俺がこれからしようとしている事は、雛子が裏切りの行為を差し引いたって、許される事じゃないなんてわかっていた。

お互い様なんて言葉は当てはまらないくらい異常な事だって。

逃避‥。それでいいじゃないかと自分に言い訳をしてみる。

何もかも投げ出して、今までした事がないようなことをしてみる。そんなのもいいじゃないかと。

 

成田の出発ロビーで蘭と待ち合わせをした。彼女は前日から成田のホテルに滞在していた。

南の島の名前を蘭は教えてくれた。

ミリヒ

モルディブの島の一つだと。

そう言われても疑問符だらけの旅だったが、そんなのもいいかなと思った。

久しぶりに感じる、遠足前のワクワク気分。

ただそんな感覚が懐かしくって。そんな気分を載せて飛行機に足を踏み入れてみた。

 

 

一体いつ、南の島とやらに着くんだよ。

飛行機降りたら到着だと思っていたのに、それから船で10分くらいのところにあるホテルで仮眠を取る。

早朝また飛行場に戻って水上飛行機とやらに乗り込んだ。

眠い眠い。

しかも馬鹿みたいに激しい雨がザアザア降っている。

スコールってヤツ?

熱を含んだ生ぬるい雨が俺の足元をぐっしょりと濡らしている。

靴の代えなんて持ってこなかった。

ビーチサンダルも持って来ようと思っていたのに忘れてきた。馬鹿だ俺は。

最悪の気分で小さな飛行機に乗り込んだ。

たった6列くらいしかないこの飛行機はあんまりにも頼りなく、スコールの激しさで墜落してしまうんではないかと不安になる。

乗り込む前に見た海は、日差しがないせいかどんよりと暗く、俺は内心ガッカリしていた。

期待しすぎていたのかもしれない。

蘭も一緒に来ているとは思えないほどにそっけなかった。

飛行機が離陸してほんの少し経った頃、窓の外が明るくなってきた。

窓際に座っていた蘭が、振り返ってニッコリと笑ってみせた。

そんな彼女の笑顔を初めて見た気がして、俺は驚かずにいられない。

彼女、子供みたいに嬉しそうに、窓の外を指差してみせたんだ。

だから、小さな飛行機の窓に、乗り出すように顔を近づけてみる。

心臓がドクリと波打った。そんな衝撃。

俺が乗ったのはスペースシャトル?

だって目の前の風景は“地球”だったから。

空はすっかり嘘みたいに晴れ渡っていて、ただひたすらに青かった。

それに、だってこれって何だ?

その空の下に広がるこの景色。

緑の生い茂った小さな島を白い砂浜がドーナッツみたいにぐるっと1周囲んでいて

その周りを大きくソーダブルーの海が覆っていて、それが何も遮ることなく水平線の向こうまで、濃い藍色の海のキャンバスの上にポツリポツリとどこまでも連なっている。

何もかもが降り注ぐ光を弾いてキラキラと輝いていた。

飛行機の高度はそんなに高くないのだろう、島の桟橋らしき物が見て取れるほどだったから。

「インド洋の真珠の首飾りって呼ばれているのよ」

落ち着いた声で蘭が呟く。

さっき一瞬見せた子供っぽい笑顔はもうなかったけれど、窓の外を見詰めるその瞳は輝いていた。

俺だって今まで海外旅行で沢山の感動をそれなりに感じてきた。

人間が作る芸術に心を躍らせて遺跡や美術館を巡り渡った。

だけどここには‥神が創った芸術品とでも言うのだろうか?奇跡のような色彩がそこに存在していた。

 

ミリヒでのバカンスが始まった。

俺がイメージしていたのと全然違う、南の島がここにはあった。

想像も出来なかった。こんな場所を。

ビーチにはビキニを着た女の子が連なっていて、ビーチボーイがその間を笑顔ですり抜けていく。

波に乗ったサーファーと波間に揺らめく人々。

そして海岸線に連なるリゾートホテル。

これが俺のイメージしていた南の島のバカンスの様子だった。

だけどここは、ビーチに人ってどこ?小さなビーチにカップルが2、3組いるかいないか。

波は全然穏やかで、ぷかぷかとシュノーケルで漂う人らしきものがぽつりぽつり。

皆どこにいるの?

あまり人の気配というのを感じさせない不思議な雰囲気の島だった

ホテルのスタッフに案内されたのは。弧を描いた桟橋に連なる水上コテージ。

こんな物を初めて目にする。何て言うか恥ずかしくなるくらいロマンチックな代物だ。

部屋の中は意外と狭く、だけどシックにまとまっていて、居心地は良さそうだ。

花びらで飾られたダブルベッドに俺の目は釘付けになってしまった

年がいもなく、顔が熱くなるのがわかる。

まるでナンパされてホテルに連れ込まれた生娘みたいに、俺は視線を反らしては再びベットを見つめた。

このウルトラムーディな小さなコテージに蘭と過ごすなんて…

期待しない訳じゃない。だけど…そんな事ありえるのだろうか?

「ふふっ、まるでハネムーンね」

からからと海に面したガラス戸を開きながら蘭は意味深な含み笑いを投げてくる。

そのガラス戸はパタパタと折りたためるようになっていて、全ての戸を開けてしまうと

外のウッドデッキテラスと部屋はフラットにつながり、随分と広々として見えた。

しかも、目の前に広がる海が、まるで部屋の続きのような錯覚がするほどの開放感。

ベットの周りばかり泳いでいた俺の視線はいつの間にか、静かに揺れる海を凝視していた。

光が届く限りどこまでも透明なブルー

こんな色を見た事などなかった。

たった一周10分程のミリヒは完璧な南の島を凝縮した、よく出来た舞台装置のようだ。

粉雪のような砂浜は裸足が似合い、降り注ぐ日ざしに、女性はさらさらとなびくパレオをまとう。

そして仕上げに髪に一輪、島の花なんて飾るのだ。

様々な国の女性ゲストが飛び回る蝶のよう、この島を華やかに飾りたてていた。

そんな彼女たちをエスコートするのは香ばしく焼かれたブロンズ色の腕。

どこに隠れていたのか、朝方、到着した時にはあまり目にしなかったミリヒのそんなゲスト達が、ランチの匂いに誘われてレストランに集まり始めた。

そんな中でも一段と蘭は目立った存在だった。

シックなモノトーンのパレオ。結い上げた髪は彼女の綿帽子みたいな髪をいつもより高い位置で揺らしている

日本人らしくないヘアスタイルは意外にも茶色く染められずに黒髪のままだ。

ヨーロッパ人だらけのレストランの中で、そんな装いでくつろぐ蘭は、まるで黒いアゲハ蝶のようだ。

恋人の目を盗んでちらりと蘭を見つめる異国の男達の視線。

彼女は見詰める瞳の数が多いほどに更に強く光を放つ。そんな風に男を惹きつける、魅力的でエキゾチックな女だった。

そんな彼女の隣の席で、俺は鼻高々だった。

不釣り合いな男だなんて笑い者になどなりたくない。

そつなく完璧に周りの男達と同じように蘭をエスコートしてみせる

ビュッフェに並ぶ彼女の皿に食材にふさわしいソースをかけたり、美しく盛りつけたデザートを運んだり。

食事を終え、席を立つ蘭に絶妙のタイミングで手を差し伸ばすと、あのひんやりとした指先が俺の手に触れる。

そしておかしそうに口の端を上げ、そっとこんな言葉を俺の耳に流し込んだ。

「女を扱うの上手いのね、奥さんの躾けがいいのかしら?それとも貴方の才能かな?」

胸の奥を小さなトゲがチクリと刺す。

俺の手を引いて歩き出す美しい黒アゲハ。

ひらりひらりと金色の燐粉をふりまきながら、食い込んだ胸のトゲに麻薬のような甘い毒を送り込む。

羨むようなウェイターの視線を背中に感じながらレストランをあとにした。

 

島を散歩がてらゆっくりと歩いてみると、小さな苗木が並んでいる一角があった。

その苗木ひとつひとつにプレートが立てられていた。

不思議に思い覗き込むと、そこには名前らしき物が刻まれている。

近くで落ち葉を掃いているホテルスタッフにこれは何かと尋ねると

ここで結婚式を挙げたカップルだけに贈られる、パームツリーの苗木だと、なまりのある英語で教えてくれた。

未来に夢を託して二人で植えるのだと。

甘いハネムーンにお似合いのサービスだと思った。

南の島の粋なサービスに幸せを噛みしめながら、彼らはこの苗木に土をかけた事だろう。

その未来にもしかしたら、大きな落とし穴があるかもしれないなどと、微塵も考える事などするはずもない。

そんな事が頭をかすめ、俺は自分の皮肉を少しだけ恥じた。

自分だって妻でもない女と過ごすこの楽園のひと時に、こんなにも溺れているではないか。

今頃、本当の妻は遠く離れたあのマンションで、蘭の夫とひとつのシーツにくるまっているかもしれないのに。

それは俺のお気に入りのアンディウォーホールのポスターが壁にかけられた寝室か、蘭の枕が置かれた隣の部屋かなんて、わかるはずもないけれど‥

確かにプライドも傷付いたし、ショックだった。

あの公園でキスを交わしているカップルの女が雛子だったなんて。たまたま結婚を意識するような年に付き合っていたのが雛子だった

それまで付き合った他の女達と、何が違うからなんて思った事すらなかった。

雛子も俺とたいして変わらない気持ちだったと思う。

28までには絶対結婚したいと、よく口にしていたから。

もちろん充分、雛子はいい女だった。

一番いいとこ持って行きやがってと、恨み言のような祝いの言葉をくれた同僚のヤツもいた。

彼女にとっても、独立してやっていけるほどの実力を持っている俺は合格点だったのだろう。

趣味も合ったし、あまり干渉し合わない似たもの同士の夫婦だった。

燃えるような、なんて時期はなかったけれど、新婚生活は目新しくそれなりに甘い時間ってヤツも経験した。

雛子が浮気‥どんなことがあっても取り戻してみせるなんて熱くなれるものがない自分が淋しいと思った。

そんなこともあるさ、なんて、投げやりにしか感じないなんて。

だけど、どうにもならないじゃないか。自分の気持ちに嘘はつけないから。

そう、どんなに誤魔化しても誤魔化しきれない。

今、蘭を目の前にして感じる胸の高まりを。

2年も夫婦をしている雛子にすら感じなかった、離し難いなんて思ってしまうこの切なさを。

しかも、雛子の不倫相手の奥方だなんて

笑っちゃうよ、どうなってるんだよ。

 

部屋のウッドデッキテラスから直接海に降りる階段があった。

レンタルでさっき借りてきたシュノーケルを装備して海に飛び込んでみる。

人の気配のない、静かで穏やかに揺れていたこの海の下が、こんなにも沢山の魚の群れで覆われていることに驚いた。

これも神が創った芸術品なのだろうか?信じられない色彩の渦。

海の泡かと見間違うような、体が透けて見える小さな魚達のカーテン。

黄色の体に模様は黒のストライプ、しっぽだけは水玉模様の魚なんて悪戯に創造したとしか思えない。

泳いでも泳いでも、次から次へと入れ替わる、派手な衣装をまとった魚達のショーを見ているようだ。

見渡す限り観客は俺だけか。いや、今、蘭が水上コテージから飛び込むのが見て取れた。

俺が通ってきたサンゴの合間をなぞるように泳いでこちらに向かってくる。

並んでいる他の水上コテージのに目をやると、恋人達がテラスで戯れているのが見えた。

あっちもこっちも…

人の気配がしないと不思議だったが、皆、自分の隠れ家で甘いひと時を堪能しているらしい。

そんな風に過ごすのがふさわしい場所だと思った。

この自然に包まれて、好きな相手とただひたすらに抱き合い身を任せたら、どんなに心地が良い事だろう。

綺麗なフォームで水を掻き分け、俺に近づいてくる蘭を感じるほどに、寂しいと思った。

気付かされてしまった彼女への想い。

だけど相手が同じ気持ちではないという事が、こんなにも切なく胸を弾くものだと俺は初めて知った。

それでも他の誰でもなく、俺に向かって泳いでくるその姿に、じんわりと満ちあふれる想いをかみしめた。

 

ミリヒで初めての夜が訪れる。

夕食を終えてコテージに戻るまでの帰り道で、俺は癖のように夜空に月を探した。

太陽が沈み色彩を失ったこの楽園を、星のイルミネーションが包む。

月の存在が薄れてしまうほどのその輝き。目を凝らして見詰めると、彗星のような流れ星が孤を描いて海に落ちていくのが見えた。

それは新しい島がこの環礁に生まれる瞬間ではないかと錯覚させる

今朝、小さな水上飛行機の窓より美しい島々を眺めながら、蘭が溢した台詞を思い出す。

“インド洋の真珠の首飾りって呼ばれているのよ”

空から落ちてきた美しい流れ星がインド洋の真珠の首飾りと呼ばれる島々になった‥

それほどふさわしい夢物語が他にあるだろうか?

自分らしからぬロマンティックな想像に俺は苦笑いした。

この島はどんな人間も詩人に変えてしまう魔法さえ秘めているらしい。

「なによ、ニヤニヤしちゃって」

蘭がそんな俺を覗き込む。

「今、頭に浮かんだ事話しなさいよ」

スケベな想像でもしていると思われたのだろうか?潔白を証明したかったが、流れ星の夢物語などもっと笑い飛ばされそうだ。

言い訳を探す俺に、蘭は呆れた様子で言った。

「隠し事をする男は信用できないわ」

おいおい、その台詞ってダンナに言ってくれよ。別に隠し事って程のもんじゃない。

笑われるのを覚悟で、俺は流れ星とインド洋の首飾りの話をした。

こんな俺、恥ずかしくって目も合わせられない。

だけど、注がれる眼差しに気付いて顔を上げると、あの蘭の瞳が俺を捕らえていた。

そうだ、こんな暗闇の中でこそ彼女の瞳の奥深くは、あの星屑のような光が浮かび上がる。

見詰められると、身動きひとつ取れやしない。

すでに毒針は胸の刺に仕込まれているのだから。

「あたしって運がいいのね」

え、何て言ったの?運がいいって何の事?

だけど、そんな疑問符は重ねられた唇の温もりに弾け飛んだ。

「素敵なお話にご褒美よ」

唖然と言葉もない俺に蘭はクスリと笑って、満天の夜空を仰いだ。

 

‥甘かったな俺‥

すやすや隣で眠る蘭の寝顔をちょっと忌々しく見詰めてみる。

だってさっきのキス。期待するだろ?子供じゃないんだからさ。

そうだった、忘れていた。こいつは飴と鞭を艶やかなまでに使い分ける女だったって事を。

ベットにに散らばる蘭のくるくるとした縮れた巻き髪。

それに顔をうずめて口付けていたジョーの事が頭をよぎる。

あのジャズバーを二人で抜け出すときに、カウンターに座っていた白人の男が蘭に気障な仕草でキスを投げてよこしてきたっけ。

キスなんて彼女にとっては挨拶代わりなのかもしれない。

それに俺だってキス一つでうろたえる年でもないじゃないか。

ある頃からかキスなんてその先の行為を始める順番の一つくらいにしか考えていなかった気がする。

だけど、さっきの

塞がれた唇の感触。

そっと頬に触れた彼女の指先。

新鮮で暖かくて溶けてしまうようなひと時だった。

1週間の夢が終わったら、お互いのパートナーと暮らす別々の家に帰るんだ。

隣同士だから距離的にはほんの少しの差なのかもしれないけれど、

その境界線は自分達が決して身軽な身分じゃない事を物語っている

雛子達が最初に俺達を裏切ったからなんて事だけじゃ拭えない境界線。

だから、今だけは‥

こんな風に無防備に蘭が眠っている今だけは、焦がすほどの視線を彼女に贈ろう。

同じ熱い眼差しを期待する事もなく、ただ、俺の想いを彼女に注ごう。

ベットの下をさらさらと流れる波の音に耳を傾け、そんな気持ちを暖めながら眠る夜もいいかもしれないと瞼を閉じた

 

いい匂いがした。安っぽくないコーヒーの香り。

雛子、珍しく豆を挽いて美味いコーヒーを用意してるな‥

目を閉じたまま鼻だけをひくひくと動かして、寝ぼけた体をシーツに巻きつけてみる。

シーツのひんやりと冷たい感触が心地よく思える空気。

暖かい‥

最近めっきりと冬の気配を感じさせる朝の空気の冷たさにいやいや重い瞼を擦る毎日だった。

だけど、今日のなんとさわやかな目覚め。

目を開くと見知らぬ天井がそこにあった。

いつもの白い壁と白い天井じゃない。

温もりを感じさせる木材の天井には見慣れない大きなファンが取り付けられてる。

ここはどこだっけ?

飛び起きた。一瞬にして眠気が吹っ飛んだ。

馬鹿みたいにきょろきょろと部屋を見回してみる。

大きく開け放たれたベッドルームの扉の向こうに、吸い込まれそうな青い色彩が広がっている。

「あら、ちょうどエスプレッソを用意したところよ。こっちにいらっしゃいよ」

昨日、何もかもが夢のような出来事ばかりだったから、何が現実かわからなくなっていた。

雛子の声じゃない。俺、まだ夢を見ているのかな?

いや、頭はすっきりさわやかだ。

テラスの椅子でくつろぐ女の後姿。揺れる髪が見て取れて、俺は現実を凝視した。

そうだ、ここはミリヒという名の南の島だ。

いつも海外旅行に行くと、朝食を食べながら一日のスケジュールを確認するのが常だった。

メトロの路線図、辞書、ガイドブック、バスの時刻表…

だけどここは

海がよく見えるレストランの朝食のテーブルで俺は蘭に尋ねてみた

「今日は何するの?」

「何にも。ご飯食べてシュノーケルして、昼寝して、それだけよ」

それって昨日と同じなんだけど…

「他のリゾートに遊びに行ってみる?」

「他のリゾートってどんな感じ?」

「ここと同じようなものよ。海があるだけ」

同じようなもの…

そこで黙り込んだ俺に蘭は煙草を一本ねだってきた。

口の端に軽く咥えて自分で火を付けて、まるで吹きかけるみたいに俺に煙を吐きながら言った。

「退屈でしょ?何もなくて」

今日も明日も何のスケジュールもない。

この歩いて10分の小さな島で蘭と過ごすだけなんて。

「最高だな、ここは」

独り言みたいにそんな言葉が俺の口をついた。

頬杖をついて煙草をふかしていた蘭の口元がにやりと笑う。

スケジュールだけじゃない。

ここでは時計も靴も鞄も必要ないのだ。

ルームナンバーのサインさえすれば、バーや小さな売店での支払いに財布さえいらない。

居心地のよい木陰があれば充分だった。

そしてこの楽園のガイド、蘭が居てくれるなら俺は迷う事なんてないのだ。

ホント…最高だ。

なんて贅沢なバカンス。

「ラン?あなた、ランじゃないですか?」

そろそろ席を立とうと思った時だった。

人懐こい笑顔でホテルのスタッフがそう話しかけてきた。

「ワタシ、覚えてますか?マチャフシで会いました」

こんな場所で彼女を知っている奴がいるという事に驚いた。

「モハメッド、ベビーは大きくなった?」

たいして驚く仕草もなく、蘭はその男にそんな言葉を投げる。

モハメッドは嬉しそうに頷いている。

ホテルスタッフだという事は見てわかるのだが、奴は他のスタッフとは違い、スーツを着ていた。

多分、貫禄からして、管理職なのだろう。

俺にもさわやかな笑顔で握手をしてくるが、その顔に一瞬、不思議そうな表情を浮かべたのが見て取れた。

「ボクはラッキーね。今年もあなたに会えるなんて。マチャフシもキレイだけど、ミリヒも最高。楽しんでいってね」

「シュクリア」

モルディブ語でありがとう。昨日、彼女から教わった単語。

蘭がそれを口にして微笑んでみせると、モハメッドは更に笑みを深めた。

そして「普段はレセプションに居るからね」と言って去って行った。

「去年行った島で彼、あたしのテーブルについたレストランのウェイターだったの。
日本語頑張って勉強していたから、この島に転職して、ちょっと出世したみたいね」

彼の俺に向けられた不思議そうな眼差し。

去年と相手が違うと思ったんだ。

俺は動揺しているのを悟られまいと平静を装って会話を続ける。

「モルディブ、去年も行ったの?」

「ええ。1年に一度はあたし、この海を見ないと、禁断症状がでてくるの。
南の島をそうやって繰り返し訪れる人たちをアイランドジャンキーって呼ぶらしいわ」

蘭をそんなにも魅了するのは、昨日水上飛行機から覗いたこの美しい環礁か、

それとも、人目も気にせず愛し合える南国の甘いひと時か。

「ミリヒにマチャフシ…色んな島があるんだね」

「ほんと、最近はどんどん新しいリゾートが出来るからきりがないわ」

オルベリ
ナカチャフシ
イフル
アンガガ
クラマティ
トラギリ

ぽつりぽつりとそんな聞きなれない単語を蘭は並べる。全て島の名前らしい。

どこも素敵な島だけどミリヒはモルディブのいいとこばっかりを集めたような所ね。
あなた運がいいわよ、最初からここに来ちゃうなんて」

運がいい?

本当だったらこのミリヒの朝食のテーブルに蘭と並んで海を見つめるのは、俺じゃなかったはずだ。

あの男はこの場所で、蘭からどんな眼差しを注がれるはずだったのだろう。確かに俺はラッキーだった。

今回、こんな形で訳もわからず連れてこられる事がなければ、俺は一生この海を知らないままだっただろう。

自分が誰かに対してこんな風に、胸を熱くできる部分を持ち合わせている男だったなんて気付かないままだろう。

だけど蘭は?俺,、彼女を満足させている自信なんてないぞ。

いや昨夜、彼女なんて言ったっけ?

“あたしって運がいいのね”

旅行に一緒に来ているのだからと、ガツガツと彼女を口説くような男じゃなくて良かったって意味だろうか?

蘭はどうして俺なんか誘ったんだろう。

浮気したダンナへの腹いせか?雛子への復讐か?

ひとりで日本の女がビーチリゾートなんてきたら、寄って来る男達が煩いから、その虫除けか?

スペアキーのようなものだろうと俺は思った。

こんな場所に一人じゃサマになんないもんな。

本当のカギを忘れてしまったときに用意するスペアキー。

差し込んでまわせば扉は開くんだ。

だけど、本当のカギが見つかれば、次の出番はいつあるか判らない、だけどもしものときには役に立つ。

俺が何も言わないので会話は途切れたままだった。

蘭は何の思惑も浮かべない、そんな様子でただじっと俺を見ている。

その視線に気付いて、俺は慌てて言葉を探した。

何か言わなくちゃ。

「モルディブは何回来たの?」

馬鹿か俺は、思いっきり墓穴を掘ってやがる。

そんな事、聞きたくもないのに。

「結婚してからだから、そうね8回目よ」

え?年に1度ってさっき言ってたよな?

結婚してから8回目ってどういうこと?

更に墓穴を大きくするような馬鹿な質問を上塗りする。

「結婚して何年経っているの?」

「9年よ、大学2年の時に学生結婚したのよ」

太陽が移動して、俺たちのテーブルを覆っていた木影がいつのまにか日向に変わっていた。

その日差しに照らされて、俺はうっすらと汗をかく。

だけど俺を濡らすその汗は、体から流れる熱いものではなく、心を濡らす冷や汗だった。

そんな汗にまみれた俺の心から湧き上がってくるこの慣れない感情

それは嫉妬心だという事に気付いて俺は途方に暮れていた。

そして思ってもみなかった蘭の結婚生活の、9年のいう歳月の重みに打ちのめされていた。

 

俺は昨日と何も変わらずに当たり前のように光を弾いて揺れる、あおいゼリーのような海を独りバーのテラスで眺めていた。

ぼつりと黒点のように水面に浮かぶ蘭がそこから見て取れる。

今日はバーの辺りをシュノーケルしようと、さっき部屋に戻った時に誘われたのだが、

何だかそんな気分になれず、ちょっとオナカが痛いから午前中は休憩しようかなぁなんて、子供みたいな言い訳をした。

蘭は、じゃあ日向ぼっこでもしてなさいねと、ちょっとだけ思いやりのある優しい声で言うと、独り着換えて行ってしまった。

部屋にぽつんといるのも退屈で、ちょっと時間を置いた後、結局はのこのこと蘭を覗けるこのバーのテラスに来てしまった。

ビールを注文したかったけど、腹が痛いなどと言った手前、わざとらしく温かいコーヒーなんて注文する。

"大学2年の時に学生結婚したのよ”

さっきの蘭の言葉が頭をよぎる。

若くて結婚する奴もいるだろう。俺のまわりにもハタチそこそこで結婚したような昔の同級生がちらほらいた。

だけど皆、例外なく出来ちゃった結婚だった。

訳ありだったからそんな若さで結婚したのだ。

大学2年、遊び盛りで環境だって大学生なのに、子供の存在もなくわざわざ結婚する意味って何なんだろう。

勝手な想像だ。人様の結婚の理由なんて。

だけど、頭に浮かぶ理由は俺を落ち込ませるものばかりだった。

…それくらい愛し合っていたんだろう。

あの二人なら差し述べられる手は沢山あっただろうに、あえて他の誘惑なんて目も向けずお互いを選んだんだ。

そして、毎年こんな愛を確かめ合うような島々を巡って二人の時間を重ねてきたなんて。

それも9年…

妻と全然違うタイプの女とポロッと浮気。

それってありだろう。

奴を庇う訳じゃないけど、男だもん、そんな若く結婚したならば、今更になってちょっとくらい遊んじゃうなんて事あるだろう。

たいして動揺もせず、公園であの時、笑いさえ噛み殺していた蘭。

ジャズバーで軽やかに男たちの間をすり抜けていた、彼女のはすっぱな仕草。

そしてこんな場所に躊躇もせず俺を連れ込み、鮮やかにキスを仕掛けて笑ってみせるあの余裕。

とても淑女とは言えない魅力的な蘭は、この9年、どんなアバンチュールをこなしてきたんだろう。

だけどそれでもお互い離れることなく年月を重ねてきたんだ。

自分の雛子との結婚がとてつもなく、ありふれた陳腐なものに感じていた。

だから二人して惹かれたのだろうか?特別な愛を知っている隣の男と女に。

バーに他に客はいなかった。

カウンターのバーテンとウェイターが聞き慣れない現地の言葉で冗談を言って笑っているのが見える。

そいつらが急に真面目な振りして、グラスなんかを磨き出した。

バーの入り口から男が入ってきた。あのスーツ、モハメッドだった。

事務的な感じで何か指示を出すと、バーテンが差し出した伝票に目を通している。

そして、それから目を上げると厳しい表情は消えていて、さっきの奴らと同じ様子で何かを話しては可笑しそうに笑い出した

南の島の暢気な男たち。

その楽しそうな空気に救われた気分になる。

モハメッドは俺に気づくと、朝と同じ笑顔で近づいてきた。

そして俺が視線を辿り、いつの間にかバーのテラスの真下でシュノーケルをしている蘭を見つけた。

そして内緒事のように人指し指をたてる仕草をすると、カウンターの方に戻って行った。

大きなパンの塊をいくつか手にして俺の所に再び来て、その一つを蘭のすぐ側に向かってポンと投げてみせた。

パンにつられた魚たちが湧き出るようにサンゴからその姿を現し、彼女を取り囲む。

色とりどりの鱗を浮かばせて蘭を包み込む様は、黄金色のキャンバスに、宝石のような光を織り込んだ、あのクリムトの絵画を思わせる程に幻想的だ。

蘭はちらっとこちらを見た。そして指を立ててもうひとつというジェスチャーをしてみせる。

モハメッドは大げさに狙いを定めるポーズをすると、絶妙なコントロールで蘭のすぐ脇にパンを落とした。

他のスタッフもこのショーを覗きにいつの間にかテラスに連なっている。

すると突然、モハメッドがわざとらしく驚いた様子で蘭に近づいてくる魚の影を指さして叫んだ。

「サメだっ」

さーと血の気が引いた。海から飛び出したあの一本の背びれ…

蘭より少しだけ小さい黒い影がゆっくりと彼女に近づいていく。

ビビった。心臓は飛び出すほどにバクバクと、まるでジョーのドラムみたいに早打ちしている。

夢中でテラスの手摺りに登ると3メートルくらい下のサンゴの影のない場所を狙って俺は飛んでいた。

「ダイジョブだからっ」

慌てた様子でモハメッドがそう止める声が聞こえたが、何が大丈夫なのかなんて考える隙なんてなかった。

頭からかっこ良く飛び込むなんて技はなく、俺は無様に足からドボンと海に落ちた。

飛び来んだ時の衝撃がら穏やかな水面に幾つもの円を描いた。

その周波を察知すると、小魚達は蜘蛛の子を散らすように蘭のまわりから離れていった。

だけど、さすが海のギャングの異名をもつあのサメは悠然と蘭のまわりをなめるように泳いでいる。

呆気に取られた顔で蘭がこちらを見た。

「ダイジョブだからっ」

まるで壊れたレコードみたいに裏がえった声で俺は蘭に叫んだ。

しかも妙なアクセントとこの台詞…モハメッドの物真似みたいだ。

いぶかしげな顔をする蘭。

彼女気付いていないのか?俺は彼女を狙うサメに向かって指を差してみせた。

「ダイジョブだからっ」

再びさっきと同じ口調で蘭に言う。

俺はバシャバシャと泳いで行くと、彼女を庇うようにサメの前に立ちはだかった。

蘭は目の前に浮いている、ずぶ濡れのパンを拾い上げると、サメの頭上遙か遠くに投げた。

ぐるりと向きを変えると、餌を取って来いと命令された飼い犬のように奴はそちらに向かって泳いで行き、そのまま行ってしまった。

バーの男たちは拍手喝采だ。カップルを冷やかす中学生みたいにはやしたてている。

「モルディブのサメ、いつもお腹いっぱいだからダイジョブね!!

モハメッドがたまらないという感じでそう叫んで手を振っていた。

 

いくら南の島だからって。

ずぶ濡れのアロハで歩いている奴なんていやしない。

コテージに戻る途中、すれ違うゲストたちが皆驚いた顔で俺を見ている。

「Are you O.K?」

そんな言葉さえ飛んできた。

俺は穴があったら入りたい、なんてかっこ悪いんだ。

そんな俺の手を引いて、半歩先を蘭が歩いている。

まるでオイタした子供の手を引く母親のようだ。

時々ちらりと振り返ると、堪えきれないといった感じで可笑しそうに口元を緩ませている。

へばりついたアロハが気持ち悪かった。

部屋に着くなり言葉もなく、俺はバスルームに直行した。

シャワーを捻ると、頭からざあざあと熱い湯を浴びる。

俺、今までの人生、ほどほどの二枚目で通っていたのにな。

蘭の隣にいると、カッコつけても失敗ばかりだ。

余裕がないとでもいうのだろうか。

バスルームに充満していた蒸気の濃度が薄くなったことに気付き、何気なくドアの方に顔を向けてみる。

そこに蘭が立っているのが見て取れて、俺は揺れる蒸気の中で幻を見ているのかと目を凝らした。

現実だ。しかも、彼女は…裸だった。

言葉も出ない俺を、あの瞳で蘭は突き刺す。杭が打ち込まれたように動けなくなった。

音も立てずに彼女は近づいてくると、息が掛かるような距離で俺を見上げた。

「笑ったりして悪かったわ、本当はね泣きたいくらい感動したのよ」

蘭の瞳の強気な光は消えていて、蒸気で曇って潤んでいるように見えた。

昨夜のように俺からキスを奪う俊敏さはなく、前髪から滴を落として、黙ってその瞳に俺を映している。

だから恐る恐る彼女の頬に指を伸ばして、両手でその温もりを包み込んでみる。

ゆっくりと蘭は瞼を閉じた。

伏せられた睫毛に絡んだ水滴が僅かに震えている。

打ち込まれた杭が体から抜け落ちたように自由になった俺は、乱暴なくらいに彼女を引き寄せた。

息継ぎが出来ないほどに繰り返し、彼女の唇にキスを落とす。

激しいくらいに抱きしめてないと、いつもの黒アゲハの彼女に戻って羽を広げてどこかに行ってしまう気がした。

「ちょっ…シャワー…熱い」

さっき日に焼いた彼女の肌が赤く火照っていた。

「あ、ごめ…ん」

キスの合間のたどたどしい会話。

タオルで体を拭う余裕もなかった。

昨日と違いシンプルに整えられたベットのシーツの上に転がるように倒れこんだ。

二人の体から滴るシャワーの水滴が、昨日このベットをデコレーションしていた花びらの影のような模様を作る。

「これもご褒美?」

先に進んでいいのかを確かめるように.彼女に囁いてみる。

止められる余裕なんてなかったけれど…

「馬鹿ね。ただ、貴方に抱かれたいと思っただけよ」

刺のない素直な彼女の答え。

だけど、それはいつもの毒より強烈な一撃を俺に食らわせてくれた。

ギリギリのところで踏ん張っていた理性が、地球の果てまで飛んでいく音がする。

地球の果て…この楽園こそがその言葉に相応しい場所だった。

その海に小船のように浮かぶ小さなコテージで、泣きたくなるほどの幸せなひと時。今だけがあればいいと思った。

彼女にとって俺は所詮、スペアキーなのかもしれないけれど。

俺にとって今、腕の中にいる女は、こんな気持ちを教えてくれた、ただ1人の愛しい人なのだから。

 

蘭は片手で頬杖をついて、皺が刻まれたシーツの上でタバコを咥えている。

細く立ち登る煙は天井のファンにかき混ぜられる。

俺もお行儀悪く寝ころんだままタバコに火をつけた。

「あたし…どうだった?」

…どうだった?

情事の後、女に感想を聞かれるのは初めてだ。

逆に「どうだった?」と、尋ねる勇気は俺にはない。

バスルームの蒸気で湿った部屋の空気に、蘭の溜め息が混ざり込んで甘い雨が降り注いでいるような…

そんな風に素敵だったなんて言える訳もなく、短い言葉に詰め込んで俺は言った。

「すご~く良かった」

ありきたりな台詞。

蘭はいつものように口の端だけで笑ってみせた。

蘭は人指し指でシーツに一本の線を引いた。

「あたしの人生はね、いつも2種類にしか分けられないの」

線が刻まれたシーツの左右を彼女はゆっくりと指し示す。

「彼を知る前のあたしと、知ってからのあたし」

そして同じ仕草をもう一度繰り返しながら言った。

「男も2種類。彼かそれ以外の男」

俺は何も言わずにただその線を見つめた。

彼女の一言一言の重みに耐えながら、次の言葉を待った。

「この境界線を壊すのが怖かった。あたしじゃなくなっちゃうみたいで…だけど今、不思議と悲しくなんてないわ」

蘭はシーツに刻まれた線を、手のひらで擦って消してみせた。

「言ったでしょ?あたしって運がいいのね。二人しか男を知らないのに、どっちも素敵な男で」

二人しか男を知らない?俺も入れて?

だってそれって

そんな事って…

「古風な女でしょ?今どきの高校生にも負けちゃうわね」

想像も出来なかった。この女が、こんな女がたった一人の男にしか染められていなかったなんて。

たった一人の男しか知らない女が、こんなにも艶やかに様々な男達を翻弄できるものなのだろうか?

いや、だからなのかもしれない

たった一人の男とこの楽園にだけ抱かれて熟成された女は、極上のワインのように香り立ち、男達の心を魅了して止まないのだ。

だけど、俺なんかがその聖域に、のこのこと入り込んで良かったのだろうか?

蘭はどうして俺なんか…

"貴方に抱かれたいと思っただけよ”

ああ、そうだった。

深く考えなくていいんだ。この島は、ただ想いに身を任せて過ごすのが似合う場所なのだから。

 

それから俺達は、蜜月のような日々を過ごした。

数日後には終わってしまう、儚く脆い夢。

彼女の温もりを感じながら目覚める朝。

白い砂浜に濡れた水着で寝転び重ねる指の感触。

夕暮れのビーチで肩を抱く時に触れるその髪の柔らかさ。

そして寄り添って眠る月光に照らされた静かな夜。

日本に発つ日の午前中に、モハメッドが訪ねてきてプレゼントがあると外に誘われた。

ビーチからレセプションに抜ける道、そこにはあの見慣れたハネムーナーの記念樹があった。

そこに今掘られたであろう穴がひとつあって、その脇に他のよりもひと回り小さな椰子の苗木が置かれていた。

穴の前に立てられているプレートには蘭と俺の名前が刻まれている

サメに立ち向かう俺の勇気に感動したから、特別だよと言いながら、奴は思い出したように笑っている。

二人で土をかけてと、モハメッドは言った。

そして、この苗木を見に、またミリヒを訪ねて欲しいと。

離陸した水上飛行機から、ミリヒの島の形が見て取れる。

遠のくほどに既に恋しい。

夢が終わるんだ。

南の島の、ただひたすらに幸福で満ち溢れていた、あの極上の夢が。

 

 

成田のホームで「次の電車に乗るから」と蘭は言った。

そうだな、いくらなんでも肩を並べて帰るっていうのも…な。

隣同士だ、いつだって会えるんだ。これからのことはゆっくり考えればいい。

パートナーとの話し合いだって、お互いどうなるか分からないんだ。

「またね」

ホームに残った蘭を、動き出す電車の窓からいつまでも見詰める。

日本に戻った途端、彼女が遠くに感じた。

日本の日付は12月に変わっていた。クリスマス気分の渋谷から東横線に乗り換える。

平日の午後だというのに、部屋には雛子がいて俺は驚いた。

「今日、帰って来るって言ってたから…」

雛子はちらちらと俺を見ながらそう言った。

南国の日差しに焦げた肌の色に気付かない訳がない。

だけど、どこに行って来たのかと尋ねてはこなかった。

雛子の入れてくれた日本茶が懐かしい香りを漂わせている。

なのに俺は、最後にミリヒで口にした、あの甘い紅茶を思い浮かべていた。

蘭もそろそろ帰って来ただろうか?

ぼんやりとそんな事を考えていると、唐突に雛子が話し出した。

「あんなところを見られて今更だけど、あたしは啓介とやり直したいと思っているの」

すがるような口調だった。

「だって…隣の彼は?」

「啓介が旅行に行っている間に引っ越していったわ」

「…えっ?」

「奥さんと離婚したのよ、それで彼、部屋を引き払ったの」

リコン?

「あたしの為に離婚した訳じゃないのよ。もう何年も上手くいってなかったって言ってたわ」

…行きの飛行機で黙り込んでいた蘭の横顔を思い出していた。

「あたし、馬鹿だったわ。償いようもないけれど、許してほしいのよ」

「謝ることなんてないさ。俺、この旅行を君じゃない女と過ごしていた」

呆気にとられた顔で雛子は俺を見た。

しばらくの沈黙の後、「そう」とそっけなく雛子は言った。

「お互い様って事で水に流さない?」

そう言い放つ彼女の顔に、さっきまで浮かべていた罪悪感らしき表情は嘘みたいに消え失せていた。

「ちょっとお互い遊びが過ぎたけど、忘れましょう」

同意を求めるように甘えた仕草で覗き込んでくる。

その瞳には安堵さえ感じられた。

「いや、俺、もう雛子とは暮らしていけない。君がした事が許せないとかそういう問題じゃなくて」

雛子の顔色が変わったのが見て取れた。

「どうして?バカンスで引っ掛けた女にでも心移りしたっていう訳?」

そうだと答える代わりに、真っすぐ雛子を見据えた。

「ずいぶんね…冗談じゃないわ。あたし達はね結婚してるのよ?そんな、たかが通りすがりみたいな女にあたしって負けちゃう訳?

「勝ち負けとかそんなんじゃないよ」

「なによ…ずるいわよ、あたしだけ結局ひとりぼっちって事?あたしだけ誰も愛してくれないなんて…」

俺だって誰も愛してくれてないさ…

雛子は今まで見たこともないような冷めた眼差しで俺を睨み付けている。

「あの彼は?君を愛してはいないの?」

「彼が愛してるのは結局は別れた奥さんよ」

「じゃあ何で離婚を?」

「知らないわっ。愛してたって上手くいかなくなる事もあるんでしょ」

吐き捨てるような口調。雛子の苛立ちが伝わってくる。

悲劇のヒロインみたいに、雛子は涙を流した。

「ずるいわよ、あたしばっかり…」

それを見詰めながら、その時、蘭は泣いたのだろうかと、そんな事を思った。

庭先に出てタバコに火をつける。

似たもの同士だからわかる。きっと雛子はこんな俺に見切りをつけるだろう。

垣根の向こうの蘭の部屋は暗く、人の気配はなかった。

真冬の冷たい風が吹き抜けていく。

何が俺から擦り抜けていったんだろう?

教会で誓った永遠の愛?

それとも

南国の島で抱き締めたひと時の情熱?

 

 

イブの夜、恋人達で賑わう六本木を独り歩いていた。

おととい、雛子との離婚が成立し、俺は先にマンションを出て、代々木の小さなワンルームに越したばかりだ。

しばらくあのマンションに残ると雛子は言ったので、荷物は全て置いて出た。

別れると決めてからの雛子は、割とあっけらかんとしたものだった。

早く子供を産みたいから、もたもたやっている暇はないと、、離婚はあっという間に決まった。

子供もいなかったし、マンションも賃貸だったし、財産分与なんて大げさなものもない。

これ以上もめる要因は何もなかったのだ。

新しい女に会う気配もない俺に、雛子は「遠慮しなくてもいいのよ」とすら言ってのけた。

似たもの同士。2年暮らした夫婦は、すでに同居している幼なじみくらいの、さばけた関係に変わっていた。

嫌いじゃない。

こんな風に暮らしていけるなら、別れる必要もなかったのかもしれない。

だけど、出来なかった。

この胸に焼きついた蘭を抱えながら今、雛子と暮らしていくなんて出来なかった。

誰かの温もりに蘭を重ねて生きていくなら、今は独りの方が楽だったから…

あのジャズバーでの夜、ジョーに蘭は言った。

"クリスマスイブは、ここのライブに顔を出すわよ”

蘭の電話番号もメールアドレスも知らないままだった。

ネットで蘭の名を検索すると、ジャズシンガーとしての彼女の情報が、意外にも沢山ヒットして驚いた。

若手の中では彼女は、結構有名だったのだ。

半年前、青山のブルーノートに出演した記事すら見掛けた。

だけどこれからのライブの予定はどこにも見つけられなかった。

しばらく休業しているのかもしれない。

ネットの検索にも引っ掛からないあの場末のジャズバーの、イブのライブだけが俺が知っている蘭との接点だった。

見覚えのある狭い階段を登っていく。

本当に彼女が今夜ここにいるかなんてわからない。

もしかしたら、元ダンナとヨリを戻している可能性だって充分にあるだろう。

何も言わずに俺の前から姿を消したのに、彼女を探し出してどうしようというんだ?

だけど確かめずにいられなかった。

ここ以外、今夜俺が過ごす場所なんてないのだ。

 

扉を開けるとあの時と変わらない風景がそこにあった。

カウンターに連なる様々な種類の男達。

そして、揺らめくタバコの煙の向こうから響く蘭の歌声が流れてきた。

ドラムを叩くジョー以外は、メンバーは違う顔だった。チャールストン調の乗りのいいリズムの中、陽気に歌う黒いドレスを着た蘭の姿がそこにあった。

彼女を見失ってから3週間。だけど何年もの歳月が流れたような錯覚が俺を襲う。

立ち見の客を掻き分けて進み、テーブル席が始まる手前で立ち止まった。

ちょうど歌っていた曲が終わり、どっと拍手が溢れる。

クリスマスのせいか客は多く、祝いの酒で皆、上機嫌だ。

蘭と目が合った。

彼女は不機嫌そうな目で俺を睨みつける。

喜んでくれるんじゃないかと、心の端でほんの少しだけ期待していた小さな灯りに、息が吹きかけられた気がした。

だけど、次の瞬間、蘭はゆっくりと端にある小さなテーブルを指差したのだ。

あの席だった。そしてそこには誰も座っていなかった。

ふらふらと席に付いた。テーブルの上にはリザーブと書かれた小さな札が置いてあった。

久しぶりに叩きつけられた飴と鞭の味。

シンバルの隙間からジョーが中腰で、こちらを忌々しそうに覗き込んでいるのが見て取れる。

それが一層、この思いもかけない状況をリアルに感じさせてくれた。

スタンドに取り付けてあったマイクを蘭は外した。

そして曲のタイトルを静かに告げた。

『summer time』

その言葉に、あの蒼い日々が駆け抜けていく。

ジャンルを問わず、様々なシンガー達に愛され歌い続けられるこの曲。

この歌を揺さぶるほどに人々の胸に刻み込んでみせた女性ボーカリストが二人、頭に浮かぶ。

ジャズならビリー・ホリディ、ロックならジャニス・ジョップリン…

ドラッグジャンキーのなれの果てに、消えていった偉大な歌姫達。

その彼女達が魂の叫びのように歌い上げたこの曲を、アイランドジャンキーなのよと笑っていた蘭が歌い始める。

まるで、子守唄のように、スローペースで。

Summertime and the livin' is easy

(サマータイム‥生キテイクノナンテ訳ナイワ‥)

蘭は語りかけるように歌う。

ここに居ていいのよと、そう囁かれている気がして俺は泣きたい気分になった。

甘くて、切なくて、胸が締め付けられるようなミリヒでの日々。

やばい、目の前がぼやけてきた。涙が溢れそうで…

そんな俺をあやすように、蘭の歌声は続く。

俺は目を閉じて聞き入った。

So hush little baby, don't you cry‥

(静カニネ、坊ヤ、泣イチャ駄目ヨ‥泣イチャ駄目‥)

いつの間にか歌い終わった蘭が、俺の前の席に座っている。

テーブルに置かれたタバコの箱を拾い上げて、勝手に一本抜き取ると、隣に置いてあったライターで火をつける。

「イブなのにいいの?ここに来て」

「いいんだ、今、一人暮らしだし」

「…そう」

その事についてそれ以上何も彼女は問わなかった。蘭の横をジョーが横目で盗み見しながら通り過ぎていく。

肩を落としたその姿に責任を感じたが、彼にも神様からの素敵な贈り物が届く事を心の中でそっと祈った。

「あたし、かなり面倒な女よ、それでもいいの?」

蘭のその問いかけが信じられず、俺はしばらく放心していた。だけどすぐに我に返り、ブンブンと頷いてみせた。

南の島に連れてってくれなきゃ禁断症状が出るって言ったの覚えてるわよね?」

「モルディブじゃなきゃ駄目?」

「なによあそこのどこが悪いのよ」

「ミリヒにはまた行きたいと思っているけど、モルディブは…」

蘭から視線を反らす。

元ダンナとの思い出の場所だからなんて俺の口からは言えない。

「ふふん。いいわよ別にモルディブじゃなくっても」

彼女の最初の含み笑いに、蘭の勘の鋭さを感じざる得ない。

「だけどあたしの南の島の条件は厳しいわよ。クリアできるなら他の国でも全然構わないわ」

蘭は条件とやらを並び始めた。

10分くらいの小さな島で

さらさらのホワイトサンド

蒼い空とシュノーケルが最高の海。

あ、海亀が見れるくらいのランクよと付け足してきた。

海に突き出す形の良いパームツリー。

大きなホテルは駄目で、水上じゃなくてもいいから居心地のいい小さなコテージ。

俺は冷や汗をかいた。

この条件をクリアした、モルディブじゃないモルディブのような島。

あるのか?そんなとこ?

そんな俺を笑いながら観察していた蘭が唐突に言った。

「ね?クリスマスプレゼント頂戴」

心臓が跳ね上がった。こんな夜に好きな女に何も用意してない自分が恥ずかしかった。

だって、何もかもがめいっぱいで、そんな事まで考える余裕がなかったのだ。

「ゴメン‥」

「あたし欲しいものがあるのよ、行きましょう」

「何が欲しいの?」

蘭の欲しがるものなんて想像も出来ない。カードで限度額を超えたら店で更にツケってきくのかな?

いつかみたいに連なって、狭い階段を駆け下りる。

「今日はイブだからまだお店やっているかもしれない。風船みたいに大きな地球儀が欲しいの」

「は?」

「それ買って、二人でゆっくり探しましょ」

ぽかんと階段の途中で立ち止まった俺に蘭はそっと唇を寄せた。

久しぶりに近くで感じる彼女の温もりに胸が熱くなる。

「くるくる回して探したら、きっと見つかるわ素敵な島が」

二人の時間が動き出した気がした。

だけど、蘭たちの愛ですら別れがあったように、俺達の始まったばかりのこの熱い想いも、いつか終わりが来るんだろうか?

いや、先の事はわからないけれど、確かなことが一つだけある。

決して消える事の無い火種が絶えず俺の胸に宿っているという事。

それは、ずっと俺の胸の奥底でくすぶりつづける事だろう。

だって俺はずっと嫉妬し続けるから。彼女が愛して止まない、あの美しい環礁に。

その火種は彼女を求め続ける小さな炎にもなるだろう。

蘭が俺の手を引いて再び歩き出した。

風船みたいな地球儀を買おう。

そして今宵は悪あがきでも、それを眺めながら二人で探すんだ。

きっとあるはず。

たぶんあるはず。

モルディブみたいに心を揺さぶる、俺達の楽園。

(THE END)

ミリヒ/写真(別窓)

 

 

 

ケロンパは基本8日+三食付で20万程度をいつも探します。
♥︎ ハネムーナーはゴージャスな水上コテージも素敵♥︎

Copyright© ネット 無料 恋愛小説 あおいゼリー , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.